2020
10.16
Fri

『教育イノベーション × クリエイティブコミュニティ』が地域の新しい形をつくる

2020年9月1日、co-labを企画運営する春蒔プロジェクト株式会社は、まちの保育園・こども園を展開するナチュラルスマイルジャパン社の姉妹会社であり、こどもを中心としたコミュニティ・学びの場づくりを事業とする、まちの研究所株式会社と、「こども・子育て領域✕クリエイターの集合知で、ウェルビーイングなコミュニティを創造する」ことを目的とした、共創パートナーシップ協定を締結いたしました。

協定締結を記念して、2020年10月16日(金)オンラインにて、トークイベント「『教育イノベーション × クリエイティブコミュニティ』が地域の新しい形をつくる」を開催いたします!

ー イベント開催概要 ー

名称 | 『教育イノベーション × クリエイティブコミュニティ』が地域の新しい形をつくる
日程 | 10月16日(金)
時間 | 15:50開場 / 16:00開始 / 17:45頃終了
会場 | Zoomウェビナーによるオンライン開催
配信 | Peatixでチケットお申込みいただいた方にURLをご案内いたします
費用 | 無料
申込 | Peatix より事前申込が必要です
https://coxco-lab201016.peatix.com/

主催 | まちの研究所株式会社、春蒔プロジェクト株式会社
協力 | 渋谷キャスト

現在、コロナ禍によってテレワークが推進されたことも後押しとなり、これまでの都市部への集中傾向が少しずつ変化し始めました。一方、これからの未来を担うこども達が育っていくためには、教育や生活の多様性が必要ではないかと考えています。都市生活の中で得られる学びや、文化的な体験も大切な一方で、自然から受けるインスピレーションや実体験も人間が成長していく上では非常に大切な要素ではないでしょうか。

しかし、20-40代の子育て世代が移住やデュアルライフ(複数拠点生活)を考える場合は、仕事の確保と子どもの教育が大きなハードルになると言われています。自然と都市の生活的距離を縮め、大人にとってもこどもにとっても、いろいろな価値観や環境の中で「人を育む」ということは実現できないものでしょうか。

移住やデュアルライフに関心を持たれている子育て世代の方々には、新しい暮らし方や、その後のイノベーション創出、まちの賑わいに主体者として関わっていく際の具体的なイメージを。
自治体関係者やディベロッパーの方々には、教育とクリエイティブコミュニティからなる、新たなまちづくりの形を感じていただけたらと考えています。

また本イベントは、クリエイターのための複合施設・渋谷キャストの特別協力を得て、松本氏と田中、モデレーターは渋谷キャストスペースより登壇し、まちの研究所と春蒔プロジェクトがオフィスを構える渋谷キャストや、その近隣の方々にも参加をお誘いするなど、オンラインイベントではありますがローカルな繋がりを大切にして開催いたします。

—————————————————————————————————-

ー プログラム ー

▼▼▼ 第一部 ▼▼▼
子どもの教育とクリエイターコミュニティ連携の可能性
今の時代の閉塞感を打破するためには、「社会にクリエイティブ思考が定着していること」が必要です。またその際には、こどもの持つ感性やクリエイターの持つ創造力を活かすことが重要ではないでしょうか。今回のトークでは、この2者が提携することで描ける可能性についてディスカッションします。

16:00-16:20 トークセッション|20分

【登壇者】
・松本理寿輝氏/まちの研究所株式会社 代表取締役、ナチュラルスマイルジャパン株式会社 代表取締役( まちの保育園・こども園 代表)
・田中陽明/ 春蒔プロジェクト株式会社 代表取締役(co-lab 企画運営代表)

▼▼▼ 第二部 ▼▼▼
地域で始まる、多様性のあるくらし -「教育」「文化性」をテーマに、住む場所・仕事をする場所をえらぶ-
教育イノベーションの実践者、教育移住者など、地域で活動されている方々をゲストにお招きしたパネルトーク&ディスカッション。移住先(住みたいまち)には何が求められるのか。求める教育・文化・精神性・自然など、ゲストの方々の実例に触れ、新しい地方創生のかたちに対する理解を深めます。

16:20-16:40 パネルトーク|20分
16:40-17:10 ディスカッション|30分

【登壇者】
・中川 綾 氏/学校法人茂来学園 理事、一般社団法人日本イエナプラン教育協会理事、株式会社アソビジ代表取締役社長
・小緑 直樹 氏/株式会社アスタンス 代表取締役
・高橋 靖典 氏/ アーキタイプ株式会社 代表取締役、一般社団法人藤野エリアマネジメント 代表理事、学校法人シュタイナー学園 理事長
・松本 理寿輝 氏
・田中 陽明

【モデレーター】
・岡庭 希 氏/まちの研究所株式会社、ナチュラルスマイルジャパン株式会社

▼▼▼ 意見交換会 ▼▼▼
オンライン上でいくつかの分科会を作り、登壇者も交えたネットワーキング&意見交換会を開催します。このプロジェクトにご興味をお持ちいただけた方と、具体的な取り組みに広げられるような繋がりが生まれましたら幸いです。顔出しだけでも結構ですので、ぜひご参加ください。

17:20-17:50 意見交換会|30分

—————————————————————————————————-
ー 登壇者プロフィール ー


中川 綾
学校法人茂来学園 理事
一般社団法人日本イエナプラン教育協会理事
株式会社アソビジ代表取締役社長

東京都出身・1977年生まれ。日本大学文理学部体育学科卒。
元中学高校教諭(保健体育)。普通科・定時制・通信制高校、区立小中学校、特別支援学校、での教員経験を経て、アメリカ・オランダで、Project Based Learningやイエナプラン教育などのオルタナティブ教育を学び、日本で研究・実践を行う。日本初のイエナプランスクール「大日向小学校」の設立に従事する。


小緑 直樹
株式会社アスタンス 代表取締役

第1子の誕生に伴い、家族との時間を最大化することを目指し、株式会社アスタンスを設立し、プロジェクト単位で複数組織に属する働き方をスタート。
東証一部上場企業から設立数年のベンチャー企業まで、合計100社以上の、組織課題、採用課題の支援に携わる。
2017年7月~2018年3月までの9ヶ月間は仕事を休み、北海道から九州まで家族でキャンピングカー旅を実施。2020年4月からは家族で軽井沢に移住。


高橋 靖典
アーキタイプ株式会社 代表取締役
一般社団法人藤野エリアマネジメント 代表理事
学校法人シュタイナー学園 理事長

1973年生まれ。日本大学芸術学部卒業後、デジタルハリウッド株式会社に入社。デジタル事業会社等を経て、2008年に新規事業開発支援を行うアーキタイプ株式会社を創業。2011年、子どものシュタイナー学園入学に伴い、神奈川県北西部の中山間地域、藤野に移住。持続可能なまちづくりを実践するトランジションタウン活動に参加、地域通貨や地域電力活動を実践。2012年農業法人藤野倶楽部 取締役就任(現顧問)農業の6次産業化に取り組む。2015年よりクリエイター、アーティストの活動のシェアアトリエやシェアオフィス、地域での起業を支援する一般社団法人藤野エリアマネジメントを設立、共同代表理事。2017年より「芸術としての教育」「自由への教育」を行う学校法人 シュタイナー学園理事長。地域コミュニティ、教育、クリエイティブの領域で活動中。


松本 理寿輝
まちの研究所株式会社 代表取締役
ナチュラルスマイルジャパン株式会社 代表取締役(まちの保育園・こども園 代表)

※プロフィール文は後日掲載いたします


田中 陽明
春蒔プロジェクト株式会社 代表取締役、co-lab 企画運営代表

1970年 福井県生まれ。武蔵野美術大学建築学科卒業後、大林組設計部に入社。慶應義塾大学大学院政策メディア研究科メディアアート専攻修了。2003年にクリエイター専用のシェアード・コラボレーション・スタジオco-lab(コーラボ)をスタート。2005年春蒔プロジェクト株式会社設立。co-labの企画運営のほか、クリエイティブ・コミュニティを活用した大規模再開発のブランディング・ディレクション業務を行う。

ー モデレータープロフィール ー

岡庭 希
まちの研究所株式会社
ナチュラルスマイルジャパン株式会社

※プロフィール文は後日掲載いたします

 

—————————————————————————————————-
ー 質問募集 ー

当日、登壇者に回答・議論してもらいたい質問を申込み時に募集しています。
事前に登壇者が選んだ質問を、当日の議論に活用させていただきます。
投稿希望の方は、お申し込み時のPeatixフォームより送信お願いいたします。

—————————————————————————————————-
ー お問い合わせ ー

Peatixページ内の「主催者へ連絡」ボタンよりお問い合わせください。