デザインは目的を達成するための手段|株式会社memori 宮内秀明さん

2021年5月に入会された株式会社memori 宮内秀明さん。
プロダクトデザインを中心にパッケージ、ロゴ、web、展示空間など幅広いデザイン領域の中で活動されているデザイナーさんです。

本に見立てたブックフラワーベース

静岡市内の事業『つなぐデザインしずおか』では、クライアントから「インテリア産業に参入するためのプロダクトを作りたい」という依頼を受け、『本の形をしたフラワーベース』をデザインされました。
本と背表紙の間に空間ができるフラワーベースで、
ページをめくると自然と浮かび上がってくる陰影で、花瓶の美しいフォルムが露わになり、奥ゆかしさを感じるプロダクトです。

繊細かつユニークなプロダクトをデザインしていく宮内さん。
中でも印象的だったのが『デザインはあくまで目的や目標を達成するためのツール。ツールとしてどうあるべきかを形にすることが重要』という言葉でした。

論理的かつ綿密にプランニングをしている宮内さんだからこそ、
生み出されるプロダクトは自然と人を惹きつける魅力があると感じました。

宮内さんがデザインしたバクテリオファージの象形文字

東京大学医科学研究所とのプロジェクトにおいて、学会やプレスリリースなどの場面で使用するイラストとして制作依頼を受けた上記の作品。
バクテリオファージ(バクテリア菌)をモチーフにした象形文字化したブランド文字となっています。
バクテリオファージとは、細菌や古細菌に感染して複製するウイルスのこと。
デザインの過程で研究論文を読み、各ポイントを選別、抜粋しイラスト化したものの1つで、
ファージの英語表記(P,H,A,G,E)から成る、ファージの形状をモチーフにして、新たに漢字を生み出しました。
細菌の奇態な姿を表現したイラストに、驚きとともに不思議と愛着が湧いたのは私だけではないと思います。

その他、精密金型・プレス加工工場のブランド構築案件では、技術面のPRに繋がるペーパーウェイトとステンレス定規をデザインされました。

精密金型、プレス加工工場でのプロダクト①

ネジ頭のデザインが特徴的なペーパーウェイトは、ペーパーにビス止めをしているイメージです。
卓上でペン置きやスマホスタンドにもなる、デザイン性と実用性を兼ね備えたプロダクトとなっています。

精密金型、プレス加工工場でのプロダクト②

直径30cmの定規ですが、半分の15cmとしても持ち運べる優れもの。
精密金型製造の手法で作られているため、1本にした時につなぎ目が現れない職人技が光る製品。
素材は420J2という特殊なステンレスを採用し、重厚感も帯びています。
今後、国内外の市場にも広く展開していく予定だそうです。

『初めは客観的な情報を収集し、いろいろな要素を掛け合わせ、最終的なイメージを割り出し、具現化させている。』とアイディアを膨らませる過程について、このようにお話いただきました。

各作品から感じる繊細で綿密なデザインは、
客観的な視点をプライオリティとしている宮内さんだからこそ生み出せるもの。
今後も宮内さんがデザインする唯一無二の表現が楽しみです。

(コミュニティファシリテーター:岡本)

✳︎他の登壇者レポートを見る