プレゼン会|新旧メンバーのプレゼンによる第11回プレゼン会を開催。

10月12日、第11回プレゼン会を開催しました。

コロナ禍でも果敢に攻めるメンバーたちが、co-labに集合したりオンラインで参加したりで、およそ15名が集まりました。

9月に新メンバーとなった2名と先輩メンバー2名のプレゼンです。

最初は芦沢晋作さん。年齢は20代半ばだそうですが、非常に落ち着いた立ち振る舞いが印象的です。

今年6月にブロックチェーンソフトウェア開発の会社を起業されました。

ブロックチェーンと聞くと、仮想通貨で関心が高まった技術。一言で言うと台帳のことなのだそう。「誰が、いつ、どんな情報を書き込んだのか」がすべて記録され、中央サーバーを介さずに複数のネットワークから見れる仕組みになっているので、改ざんや不正を防ぎ、高い透明性を実現するもの。だそうです。

続いて、ブランディングやプランナーをしている、清水覚さん。ヤフーに勤めながら、兼業が推奨されているため、自身でも事業をされています。

ヤフーでは、コロナ禍で懸命に働く医療従事者に向けた支援企画などのプランニングやプロジェクトマネジメントを行っています。その経験を活かし、より企業やつくり手に近いところで、ものづくりやコトづくりをしたいという思いから起業されました。

後半は、先輩メンバー2名の登場です。

今日までのco-lab墨田亀沢をよく知っている、第1号メンバーの三田大介さん(有限会社モアナ企画)の登場です。

プレゼンをしたのが5年前という三田さんは、コンサルティングやディレクションを得意とされている方です。墨田区内に在住、在職のクリエイター集団すみだクリエイターズクラブの中心メンバーとして、福祉作業所の商品開発や販路開拓の支援を行ったり、またある時は区の商業コーディネーターとして、商店経営者たちの悩みごとに向き合い、経営者同士の交流機会などを生み出す企画を立ち上げたりしています。

最後にオンラインで自宅から参加した、宮村柚衣さん(合同会社はひぷぺぽ)。

子育てをしながら、保育園を設立・運営するなど保育事業を行っている宮村さんは、紆余曲折ありながら、10月に地域の人たちが気軽に集まれるカフェ「cafe de Chanoma」をオープンさせました。

「これは儲かる!」と始めたところから、お金の問題、人の問題など、オープンまでの苦労話を聞いて、一つのことを生み出すということは本当にエネルギーのいることで、順風満帆に進むということはないのだなと、改めて感じます。でも、どんなことが起ころうとも宮村さんは常に前向き!

関わる人の優しさに救われて今があると話す宮村さんの言葉に、参加メンバーたちは、うんうんと頷いていました。

メンバーさんの活動は本当にそれぞれで、多岐にわたります。co-labという場を通して、いろいろな人が出会い、つながって、新たな面白いものを生み出していく。改めて、一人ひとりのメンバーの面白さや仕事への姿勢に触れて、ワクワクする人たちがここには集まっているなと感じた夜でした。

詳しくはこちらから

 

co-lab墨田亀沢 チーフコミュニティファシリテーター 有薗悦克

Other Reportsこの拠点の他のイベントレポート