落合守征デザインプロジェクト|国際的建築アワードの最優秀賞を受賞

co-lab代官山メンバーの建築家、落合守征さんが、飲食空間のための世界的アワード“The Restaurant & Bar Design Awards”(UK)のDecorative Lighting 部門で、2年連続となる最優秀賞を受賞されました!

世界の優れた飲食分野の商業スペースに与えられるこのアワードは、フードビジネスの文化的発展を促進するため2008年にイギリスで設立されました。毎年世界各国からのエントリーがあり、これまでの受賞者にはトップクラスの建築家も名を連ね、レストラン・バーデザインにおける世界最高峰の国際デザイン賞として名声を高めています。
審査員は建築家や著名なデザイン誌のライターほか一流ホテルやレストランのファウンダー、シェフ等から構成され、建築視点だけではなく、あらゆる角度からのプロフェッショナルな視点で審査が行われます。毎回、各部門から数組ずつファイナリストが選出され、ロンドンで開催される授賞式当日に最優秀賞が発表されます。

受賞会場風景

落合さんが今回受賞した作品は、千葉の自然豊かな牧場内に位置するレストラン“Dream Dairy Farm Restaurant”です。既存の木造小屋を生かしながら、良質なミルクを育む牧場の自然環境の美しさを表現した作品です。様々な光の表情を演出する、梁の上に立体的に組まれた特徴的な白い格子は、なんとすべて手作業で組み立てられているのだそうです。


[審査評]
“Delicate and beautiful light scheme combined with simple table and chairs which ensures the eye is carried towards the main feature. Quite Zen.”

日本の自然現象から多くのインスピレーションを得ている落合さんは、「湿度が高く、雲や霧の多い、複雑な地形の日本の自然の、風や水によってもたらされる、ダイナミックで微妙に変化する運動の変化そのもの」を捉え、デザインに応用することを意識して制作に取り組んでいらっしゃいます。審査評で禅的であると言及されているのは、そのようなアプローチが作品に体現されているからかもしれません。

また、こちらのレストランは、イタリア由緒ある建築雑誌『DOMUS』の「世界ベスト10レストラン」にも選出されています(作品掲載ページはこちらから)。

Aluminium Flower Garden”で昨年も同部門の最優秀賞を獲得され、今回で2連続の受賞となる落合さんは、来期の同賞プロダクト部門のアワード審査員にも任命されています!
(前回の受賞に関する記事はこちらから→

また、“Dream Dairy Farm Restaurant”は、イギリスデザイン協会主催Society of British Interior Design AwardのRestaurant & Bar部門においても、ショートリストに選出されています。
落合さんは“ARKHE beauty salon”で、2012年にも同アワードの商業施設部門で、同じくショートリストに選出されたザハ・ハディド氏を抑え、最優秀賞を受賞されています。こちらも2度目の受賞となるか、11月の発表にぜひご注目下さい!

落合守征デザインプロジェクト:http://www.moriyukiochiai.com/

〔コミュニティファシリテーター:橋場〕